FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッチブレイド(ウォーダン)育成の感想

レベルがほとんど上がりきったので、
お勧めスキルと感想を少し簡単にしようかと思います。

スキル考察は気が向いたらしようかなと・・・





まず、強さについての感想ですが・・・

早熟型と大器晩成型を混ぜた感じです。



序盤は近接スキルの性能によりトップクラスの狩り性能を誇ります。
第1大陸は特に何も考えなくともクリアできます。


第2大陸に入ったあたりから耐久力の無さを少しずつ感じ始めます。
火力の方はスキルの初期性能の高さから力不足は感じないものの、
伸びが悪いため、段々と火力はおとなしくなっていきます。


第3大陸では敵の属性もスキルの属性と重なり、
非常に困難な戦いを強いられます。
他職とも比べても非常に弱い印象を受けると思います。
実際はそこまで弱くはありません。
が、狩り性能はエレを越えているかというと・・・
コエテナイデス
テンペスト以外が・・・ね



近接戦

初期スキル性能もあってレベル1~20までは非常に頼れます。
しかし、キャラの力の伸びとスキルの威力の伸びがそれほど高くなく、
中盤以降の火力は装備品で補うこととなります。
しかし、高火力スキルが無いため決め手に欠けます。
また、手数は多いものの、
ひるませるほどの威力を出せなくなってくるため、
敵がひるまずそのまま殴り返してくる可能性が高くなってしまい、
競り負ける場面が次第に増えていきます。

近接戦を行うということは被弾する率が高くなるということです。
ウォーダンはかなり耐久力が低いです。
同じ紙装甲のアサシンほどの近接戦闘能力が無いため、
死亡率はアサシンに比べて格段に高いです。

早い話が、戦えないわけではないけど向いてません。
罠を使わないスカウトになら勝てるといったレベルです。






遠距離(魔法)戦

初期スキル性能自体は低すぎるわけではないですが、
威力の伸びが全体的に今ひとつです。
そして、凍結という状態異常が、確率で起こる上に、
時間が短かく、なによりコンボの妨げになりやすいです。
凍結は便利なように見えますが、一部についていたらの話です。
正直・・・邪魔になることが多いです。
ステータスの伸び自体は普通なので、
威力がひどく弱いと感じることは無いと思います。


これだけだと早熟型としか感じられませんが、
大器晩成型だと考えたかというと、
ウォーデンのどの魔法スキルもスキルレベルが上昇することで、
性能が変わっていくものが多いと感じたためです。
現在のレベルキャップではエレ以下のスキル性能ですが、
レベル上限が開放されるごとに
どんどん強くなっていく可能性があります。






ウォーダンのお勧めアクションスキル

ダイブヘルパン

序盤から終盤までお世話になります。
スキルレベルが上がると4ヒットから6ヒットに増えます。
ダメージ表記が1発分のため、実際の威力は違います。
非常に頼りになります。
しかし、スキルレベルを10以上にする意味は薄いです。
通常攻撃として活用しましょう。



アイスボール

エレで言うところのファイアボールです。
しかし、発動が早く、
弾速がそこそこあるので割りと当てやすいです。
範囲が割りと伸びるのとスキルポイントが少し軽いので、
スキルレベルをそこそこ上げても良いかと思います。




フロストブレス

エレで言うところのライトニングボールで、
威力の伸びはかなり高いです。
このスキルをメインに戦うようにすると死ににくくなります。
極振り推奨です。




ミラージュバリア

たかが一発、されど一発。
モーションが長いため気軽にかけることができませんが、
防御・耐久の低いウォーデンにとっては重要なスキルともいえます。
また、スキルレベルと同等の回数を無効化してくれるため、
スキルレベルが上がるごとに有用性が跳ね上がります。
しかし、スキルポイントの消費が高いのが悩みどころです。
スキルポイントがあまってるなら優先的にあげたいところです。
あまってないなら後回しがよいと思います。




フローズンプレッシャー

エレで言うところのライトニングボルト。
ギガボルトほどの伸びではないですが、
威力はそこそこ上がります。
ウォーダンの中で数少ない火力の出るスキルなので、
スキルレベルを上げても良いと思います。
範囲も広がりますし。



フローズンウィンド

劣化ダークエモーション。
レベルキャップ開放時の期待株。
現時点ではちょっと狭い範囲ですが、
初期状態では使い物にならないため、極振り必須。
あると便利です。



テンペスト

ウォーデンの生命線。
スキルレベル1では敵に当たらないほうが多いので、
極振り必須。
でも極振りしてても当たらないことが多いです。
しかし、ひるまない上に発動中無敵なので、
ほぼノーリスクでダメージを与えられるため、
かなり頼りになります。
威力の伸びもスキルポイントの割りに高いのが良いです。
レベル50の時点でメテオに匹敵する性能を秘めているため、
今後のレベルキャップの開放で追い抜く可能性が高いです。
でも・・・小さな敵に当たらないし、安定はしてません。
全段はずれることもありますし、逆に全てヒットすることがあります。
強いと言えば強いですが、ギャンブル性が高すぎます。





結論としては、近接戦も遠距離戦も中途半端

レベルキャップ開放まだー?
スポンサーサイト

テーマ : C9(Continent of the Ninth)
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。